株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ bind:ドメイン名に対してIPを割り当てる

技術ドキュメント目次 -> bind -> ドメイン名に対してIPを割り当てる

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ ドメイン名に対してIPを割り当てる

ドメイン名に対してIPアドレスを割り当てるためには、
そのドメインのネームサーバー(bind)において、
正引きの設定ファイルを例えばつぎのように設定する必要があります。

※ドメイン名に対してIPアドレスを割り当てることは、
例えば、http://www.*****.jp だけでなく、http://*****.jp というアドレスでも、
Webサイトアクセスできるようにする際などに必要になります。

$TTL    86400
$ORIGIN seki.local.
@                       1D IN SOA       @ root (
                                        2005063000      ; serial (d. adams)
                                        3H              ; refresh
                                        15M             ; retry
                                        1W              ; expiry
                                        1D )            ; minimum

                        1D IN NS        linux001
                        1D IN MX 10     linux001

                        1D IN A         192.168.1.2
gw                      1D IN A         192.168.1.1
linux001                1D IN A         192.168.1.2
.....


上記の正引き設定ファイル内の、
次の行の部分がドメイン名に対してIPアドレスの割り当てを行っている箇所に
なりまして、一番左のホスト名の部分に何も書かないで、そのAレコードを定義
すると、その行は、ドメイン名に対するIPアドレスの定義となります。

                        1D IN A         192.168.1.2




■ bind についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。