株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ NetBSD:rcファイル

技術ドキュメント目次 -> NetBSD -> rcファイル

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ /etc/rc.conf

/etc/rc.conf に次のような設定を行うことで、
ネットワークの設定と起動直後に起動されるデーモンプログラムの指定を
行うことが出来ます。
なお、設定は reboot後に有効になります。

.....
# Add local overrides below
#
wscons=YES

hostname=ns.gorigori.jp
ifconfig_rtk0="inet 192.168.1.1 netmask 0xffffff00"
defaultroute=192.168.1.254

## 起動プログラムの指定
named=YES
sendmail=NO
postfix=YES
sshd=YES


なお、
起動プログラムの指定のところの
****=YES/NO
の **** の部分は、
/etc/rc.d/**** というファイルを使用してサービスを起動させる
処理と対応しています。

ですので、上記の例でいうと、
/etc/rc.d/sshd というファイルが存在しなかった場合は、
sshd は起動出来ません。

◆ /etc/rc.local

/etc/rc.local に任意のコマンドに記述を加えておくことで、
マシン起動時に任意のコマンドを実行することができます。

例えば、/etc/rc.local に次のような行を記述しておくことで、
マシン起動直後に、
192.168.2.0/24 のネットワークに対するルーティングが、
自動的に追加されます。

route add -net 192.168.2.0 -netmask 255.255.255.0 192.168.1.253




■ NetBSD についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。