株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ Oracle:データベースファイルのサイズ変更

技術ドキュメント目次 -> Oracle -> データベースファイルのサイズ変更

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


下記のようなSQLを発行することで、
データベースファイルのサイズを変更することが可能です。

バックアップの処理において、OS の cpコマンドなどを使用して、
データベースファイルのバックアップを行っている場合には、
dbfファイルのサイズを小さくしておくことで、
バックアップ処理にかかる時間を短縮できる可能性があります。

なお、データベースファイルの実際に使用されている領域よりも
小さいサイズにリサイズすることはできません。

-- /export/home/oracle/oradata/oracle/users01.dbf のサイズを 256M に変更する
ALTER DATABASE DATAFILE '/export/home/oracle/oradata/oracle/users01.dbf' RESIZE 256M;

-- /export/home/oracle/oradata/oracle/users01.dbf のサイズを 2048K に変更する
ALTER DATABASE DATAFILE '/export/home/oracle/oradata/oracle/users01.dbf' RESIZE 2048K;


また、
データベースファイルの名前とサイズを確認するためには、
次のようなSQLを発行します。

select file_name, tablespace_name, bytes/1024/1024 file_size, status
from dba_data_files
order by tablespace_name, file_id;




■ Oracle についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。