株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ Perl:Digest::MD5

技術ドキュメント目次 -> Perl -> Digest::MD5

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ はじめにMD5とは

MD5とは一方向ハッシュアルゴリズムのひとつです。

あるデータを元にそのデータのMD5値を求めることができますが、
MD5値を元にそのデータがなにであるかを特定することはできません。
また、同じMD5値を持つ異なるデータを作成することも非常に困難であるとされています。

認証やデジタル署名でよく用いられます。

◆ Digest::MD5

Digest::MD5 とは Perl のモジュールで、
MD5のハッシュ値を Perl から求められるようにするものになります。

使い方の例は次のようになりまして、

use Digest::MD5 qw(md5 md5_hex md5_base64);

my $str = "This is teststring.\n";
my $md5 = md5_hex($str);

print $md5 . "\n";


それを実行すると次のように出力されます。

$ perl test.pl
8a07c2d054c29a5fe5fc7b7e48039770
$


同じ文字列のMD5値を、
md5sum コマンドによって次のように求めてみても、
上記と同じ結果が出力されていることが確認できます。

$ echo "This is teststring." | md5sum
8a07c2d054c29a5fe5fc7b7e48039770  -





■ Perl についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。