株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ Apache:ErrorDocument ディレクティブ

技術ドキュメント目次 -> Apache -> ErrorDocument ディレクティブ

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ はじめに

コンテンツ作成時のミスにより 404 NotFound が発生してしまうことは稀にあります。

Apache が、
404 NotFound 発生時に返すレスポンスは、少々味気ない画面になっていますので、
商用サイトなどではあの画面をユーザーに表示することは避けたいと考える場合もあるかと思います。

そのような状況においては、
ErrorDocument というディレクティブを使用することが、解決になるかもしれません。

ErrorDocumentディレクティブを用いることで、
異常系のレスポンスとして返すコンテンツを、
任意のコンテンツに置き換えるように指定することができるようになります。

◆ 設定例

httpd.conf や .htaccess に次のような指定を行うと、
Not Found が発生してしまったときに、/404.html の内容がエンドユーザーに表示されます。

ErrorDocument 404 /404.html


なお、上記の例でいう /404.html のなかで、
画像ファイルやスタイルシートのファイルなどを参照する場合は、
/ や http:// からはじめて指定しないと正常に表示されない可能性があります。

ErrorDocument は、
404 Not Found 以外にも指定を行うことができるので、
たとえば、原因不明のCGIエラーに悩まされている場合などは、
ErrorDocument 500 /500_sorry.html

としておくのも1つの解決のためのアプローチになるかもしれません。



■ Apache についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。