株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ Apache:インストール

技術ドキュメント目次 -> Apache -> インストール

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ はじめに

Apacheのインストール方法をまとめておきます。

◆ インストール方法

Apache(1.3系を前提にします)をとりあえずインストールしてみるには、次のように入力すれば基本的にはOKです。

DSO対応や、モジュールの組み込みなどを指定したい場合は、configure 実行時のオプションでその指定を行いますが、それについてはこのページの下のほうで解説しています。

(ソースを取得して、展開する)
# wget http://www.apache.org/dist/httpd/apache_1.3.26.tar.gz
# tar zxvf apache_1.3.26.tar.gz
# cd ./apache_1.3.26

(コンパイルし、インストールする)
# ./configure
# make
# make install


上記のように入力することで、/usr/local/apache/** として Apache がインストールされます。
(wget は http や ftp でファイルを取得するためのコマンドです。)

◆ ./configure 実行時のオプション

・インストール先ディレクトリを指定するには

--prefix=*** で指定します。

次の例では、/usr/local/apache_1.3.26/ ディレクトリにApacheをインストールしています。
(Apache のインストール先ディレクトリのデフォルトは、/usr/local/apache/ です。)

例)
./configure --prefix=/usr/local/apache_1.3.26

・モジュールの追加・削除

-enable-module=***
-disable-module=*** で指定します。

次の例では、mod_cgi を無効にして、
mod_rewrite と mod_proxy を組み込んでいます。

例)
./configure --disable-module=cgi \
            --enable-module=rewrite --enable-module=proxy

・DSO対応

DSO とは、Dynamic Shared Objects の略で、httpdに組み込まれるモジュールを static にリンクするのではなく、ダイナミックにリンクすることで、httpdのサイズを小さくする技術です。
httpd は必要なときだけ、各モジュールのライブラリをロードするため、実行時に必要になるメモリの節約など、パフォーマンスの向上に効果あります。
また、Apache のインストール後に、PHPなどモジュールを追加するときなどに、インストールが簡単になるなどのメリットもあります。

--enable-module=so
もしくは、
--enable-shared=*** で指定します。

例1)
./configure --enable-module=so

上記の例では、DSOをサポートしたApacheをインストールしています。
ただし、組み込まれるすべてのモジュールは staticに組み込まれます。
(今後、追加でインストールするモジュールを、DSO形式として追加することは可能です。)

例2)
./configure --enable-shared=cgi --enable-shared=asis

上記の例では、Apache を DSOをサポートしたものにしてインストールし、mod_cgi と mod_asis をDSO形式で組み込みます。
(そのほかのモジュールは static に組み込まれます。)

--enable-shared=*** の指定を行った際は、
--enable-module=so は省略して問題ありません。

◆ いろいろテストしたい方におすすめ(most & max)

評価環境で使う Apache を構築するときなど、
次のようにして、全てのモジュールを DSO で組み込んでおくこともお勧めです。

# ./configure --prefix=/usr/local/apache_1.3.26 \
              --enable-module=most --enable-shared=max


◆ 組み込まれているモジュールの確認方法

static に組み込まれているモジュールを確認するには、次のように入力します。

$ /usr/local/apache/bin/httpd -l


DSO形式で組み込まれているモジュールを確認するためには、次のように入力します。
(*.so のファイルが存在しているはずです)

$ ls -l /usr/local/apache/libexec




■ Apache についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。