株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ システム運用TIPS:NTPの設定

技術ドキュメント目次 -> システム運用TIPS -> NTPの設定

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


crontab の設定に、
次のような ntpdate コマンドをキックするシェルスクリプトを、
root権限で実行されるように登録することで、
マシンの時間を正確な状態に保てます。

マシンを多くの台数管理されている環境では、
ローカルネットワーク内に1台(もしくは複数台)のNTPサーバーを作成し、
そのマシンに対して ntpdate を発行するような構成にすると、
無駄なトラフィックなどが防げ、効率的です。
(ローカルネットワーク内のNTPサーバは、
 下記のように外部のNTPサーバーに対して ntpdate を発行します。)

また、ntpdate が NTPサーバに問い合わせを行うためには、
ntpdate を発行するマシンに対して UDP/123 のパケットが到達可能
である必要があります。
うまく動作しないときは、ファイアーウォール等の設定を確認してみてください。

#!/bin/sh

# Copyright (C) 2006 Slogical Corporation

## ntp1.jst.mfeed.ad.jp
## ----------------------------
ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp > /dev/null
if [ "$?" = "0" ]; then
  exit
fi
## ntp2.jst.mfeed.ad.jp
## ----------------------------
ntpdate ntp2.jst.mfeed.ad.jp > /dev/null
if [ "$?" = "0" ]; then
  exit
fi
## ntp3.jst.mfeed.ad.jp
## ----------------------------
ntpdate ntp3.jst.mfeed.ad.jp > /dev/null
if [ "$?" = "0" ]; then
  exit
fi

echo "!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!"
echo "CAN NOT ADJUST TIME."

exit




■ システム運用TIPS についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。