株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ Jakarta Tomcat:インストール(3.2.4)

技術ドキュメント目次 -> Jakarta Tomcat -> インストール(3.2.4)

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ はじめに

Tomcat 3.2.4(ServletAPI 2.2、JSP 1.1 をサポートする。古いですけど安定版です。)を、
インストールする方法をまとめておきます。

インストール方法といっても、Tomcatはそれ自体がJavaで書かれている
ので、バイナリ版を使用してのインストールが非常に簡単です。
基本的には、パッケージを解凍するだけで、GNUのソフトウェアのように
make する必要などはありません。

◆ インストール方法

tomcat 3.2.4 のインストール方法は次のようになります。

# wget http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat/release/v3.2.4/bin/jakarta-tomcat-3.2.4.tar.gz
# tar zxvf jakarta-tomcat-3.2.4.tar.gz
# mv jakarta-tomcat-3.2.4 /usr/local


◆ 起動・終了方法など

インストールしたTomcatを起動するには、次のようにします。

(bashの場合)
# export TOMCAT_HOME=/usr/local/jakarta-tomcat-3.2.4
# export JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.3.1_03
# export LANG=ja_JP.eucJP
# export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
# /usr/local/jakarta-tomcat-3.2.4/bin/tomcat.sh start

(tomcat.sh に実行権限がついていないときは、
 chmod 755 などして、実行権限を付加しておいてください。)


上記までの解説では、
rootユーザーの権限でtomcatを起動していますが、
一般ユーザーの権限で Tomcat を起動することももちろん可能です。
(Tomcat は、デフォルトの設定では、1024番以下のポートを使用しません。)

次のように TOCAT_HOME の所有者を変更してから起動してください。
実行するユーザーが、TOCAT_HOME 内のログディレクトリに書き込みできる必要があります。

# chown -R someusr:somegrp /usr/local/jakarta-tomcat-3.2.4
# su - someusr
$ /usr/local/jakarta-tomcat-3.2.4/bin/tomcat.sh start


なお、tomcat を終了するためには次のように入力してください。

/usr/local/jakarta-tomcat-3.2.4/bin/tomcat.sh stop


インストールした Tomcatの動作確認を行うには、次のように、
インストールしたマシンの8080ポートにアクセスしてください。
"JSP Examples" や "Servlet Examples" から、
サンプルプログラムを用いた動作確認を行うことができます。

http://(インストールしたマシンのIP):8080/




■ Jakarta Tomcat についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。