株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ FreeBSD:IPエイリアス

技術ドキュメント目次 -> FreeBSD -> IPエイリアス

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ FreeBSDでIPエイリアス

IPエイリアスとは1枚のNIC(ネットワークカード)に対して、
複数のIPアドレスを割り当てることをいいます。
FreeBSDでIPエイリアスを実現するためには次のようにします。

まず、ある FreeBSD のマシンで、
そのNICに対して 192.168.1.201 というIPを1つだけ割り当てているとします。
その場合、そのマシンの /etc/rc.conf には次のような記述がかかれていると思います。

defaultrouter="192.168.1.1"
hostname="some.host.name"
ifconfig_ed1="inet 192.168.1.201  netmask 255.255.255.0"


そして、その ed1 のNICに 192.168.1.202 と 192.168.1.203 という
IPアドレスをエイリアスとして追加するには、rc.conf の記述が次のようになる
ようにすればOKです。

defaultrouter="192.168.1.1"
hostname="some.host.name"
ifconfig_ed1="inet 192.168.1.201  netmask 255.255.255.0"
ifconfig_ed1_alias0="inet 192.168.1.202  netmask 0xffffffff"
ifconfig_ed1_alias1="inet 192.168.1.203  netmask 0xffffffff"


ネットマスク値が、0xffffffffとなっていることにご注意ください。



■ FreeBSD についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。