株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ FreeBSD:portupgrade

技術ドキュメント目次 -> FreeBSD -> portupgrade

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ portupgradeとは

portupgradeとはFreeBSDにインストールされているパッケージを、
簡単にアップデートすることのできるコマンドです。

インストール方法は、パッケージから入れる場合は次のようにするのもお手軽です。
リモートサイトからパッケージをダウンロードしてきてインストールするという作業が次のpkg_addコマンドで終了します。

# pkg_add -r portupgrade


◆ portupgradeの実行例

例えば、zipパッケージをアップグレードするには次のように入力します。

# portupgrade zip


portを使用しないで、パッケージからバイナリアップデートを行いたい場合は、
次のように -PP もしくは -P オプションを付加すすることもできます。

例えば、CPUが非常に貧弱な場合等の理由で、
大きなパッケージ(zipくらいであればたいしたことないと思いますが)をmakeするのに
時間がかかりそうなのでパッケージからインストールしたい場合などには、
このオプションを付加するのが有効になってくるかと思います。

(portは使用しないで、必ずパッケージからのインストールを行う)
# portupgrade -PP zip

(パッケージからのインストールをまず試みて、それができなかった場合にはportからインストールする)
# portupgrade -P zip


また、perlを portupgrade -PP perl といったようにしてアップデートした場合には、
perl を参照しているほかのプログラムとの整合性をとるために、
perl-after-upgrade を忘れずに実行するようにしましょう。



■ FreeBSD についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。