株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ FreeBSD:md5コマンド

技術ドキュメント目次 -> FreeBSD -> md5コマンド

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ md5コマンドについて

Linuxで、あるファイルや文字列の MD5値を取得したい場合に、
md5sum というコマンドを使用することがあるかと思いますが、
FreeBSD で同様のことを行うのは md5 コマンド(sumがついてないコマンド名)になります。

◆ md5コマンド実行例(FreeBSDとLinuxで比較)

FreeBSDで md5コマンドを実行した例は下記のようになります。

> echo "This is TEST" > test.txt
> md5 test.txt
MD5 (test.txt) = afdc6c2e6c45ef80ffafc537397fa8c1
>


また、
Linuxで md5sumコマンドを実行した例は下記のようになります。

$ echo "This is TEST" > test.txt
$ md5sum test.txt
afdc6c2e6c45ef80ffafc537397fa8c1  test.txt
$


上記の出力をカット&ペーストで手元のテキストエディタとかにコピーして、
MD5値に相違がないかを確認しようとすると、ちょっと位置がずれていて不便
ですので、次のように md5コマンドに -r オプションをつけてから実行すると、
MD5値が文頭に表示されて、目で比較しやすくなります。

> md5 -r test.txt
afdc6c2e6c45ef80ffafc537397fa8c1 test.txt
>




■ FreeBSD についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。