メニューSSL証明書 - メニュー

再発行(デジサート系証明書)

SSL証明書の説明 SSL証明書を再発行します。

デジサート系(RapidSSL、ジオトラスト、デジサート)SSL証明書を再発行します。
マルチイヤープラン(複数年プラン)早期更新、その他の理由など、何度でも無償で再発行いただけます。

エスロジカルオーダー番号 ※5桁数字
コモンネーム 例:www.slogical.co.jp
請求メール送付先アドレス 例:ssl@slogical.co.jp(実際には@が半角)

再発行手順
  1. 本画面から必要事項を送信。
  2. 次画面で、オーダー情報(契約満了日、請求書満了日など)を確認してから「送信」ボタン押下。
  3. 「請求メール送付先アドレス」あてに「再発行リクエストメール」が送付される。
  4. 「再発行リクエストメール」に記載のURLを3時間以内に開く。
  5. CSRを送信する。DV証明書の場合は、ドメイン確認方法(メール認証・ファイル認証・DNS認証)も選択。
  6. DV証明書:ドメイン確認を完了するとSSL証明書が再発行されます。
  7. OV,EV証明書:ドメイン確認&組織審査が完了するとSSL証明書が再発行されます。ただし、審査省略されSSL証明書が即時再発行される場合もあります。
  8. 再発行されたSSL証明書と中間証明書をサーバーへインストールすれば完了です。
※リロードや戻るボタンでの操作をすると「正しくないアクセス方法と判定されました。」のエラーになることがあります。


再発行が必要なケース1:マルチイヤープラン

マルチイヤープラン(複数年プラン、2年以上)のお客様は、
下図のように再発行しながら運用いただきます。再発行は何度でも無償です。
マルチイヤープラン(複数年プラン)の製品仕様)


再発行が必要なケース2:早期更新

早期更新(満了90~31日前に更新)のお客様は、
下図【2】のように契約途中で再発行いただくことで、契約満了日までお使いいただけます。
デジサート系SSL証明書の早期更新について


再発行が必要なケース3:鍵紛失やサーバー移転

何かしらの理由により、申請時CSRとペアになる鍵ファイルを紛失された場合は、
SSL証明書とペアになる鍵ファイルがないため再発行が必要になります。

サーバー移転時に、旧サーバーから新サーバーへSSL関連ファイル(鍵・SSL証明書・中間証明書)を
コピーできない場合も、新サーバーでCSRを作成して再発行申請する必要があります。
※ApacheやNginxであればファイルコピー、IISであればpfxファイルのエクスポート&インポートをしますが、それが難しい環境では再発行が必要です。


再発行が必要なケース4:鍵漏洩

何かしらの理由により、鍵ファイルが漏洩された場合は、セキュリティのため再発行申請が必要です。


再発行(2020年8月11日以前のデジサート系証明書)

2020年8月11日以前にお買い上げのデジサート系SSL証明書を再発行される場合は、
お問い合わせフォーム からご連絡お願いいたします。


再発行(サイバートラスト、スターフィールド)

サイバートラスト、スターフィールドのSSL証明書を再発行される場合は、
お問い合わせフォーム からご連絡お願いいたします。

↑ 上へ 注文 検索