株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ UNIX のコマンド:cutコマンド

技術ドキュメント目次 -> UNIX のコマンド -> cutコマンド

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ cutコマンドとは

cut コマンドを使用すると、
テキストファイルの各行から特定の箇所のみを抽出することができます。

UNIXのコマンドラインからcsvなどのテキストデータを確認しているときに、
「やっぱり一度エクセルで開きなおしたほうが確認しやすいかなぁ..」と
思うようなこともあるかもしれませんが、そのような時の作業で便利です。

◆ cutコマンド実行例

例えば、次のように入力することで、
/etc/passwd ファイルから、
ユーザー名とログインシェルだけを抽出することができます。
(-d は区切り文字の指定で、省略するとタブが区切り文字になります。)

cat /etc/passwd | cut -d ':' -f 1,7


また、次のようにすると各行の先頭から2バイト目~5バイト目の計4文字が出力されます。
(/etc/passwd をこのように cut しても意味ないですが。。。)

cat /etc/passwd | cut -b 2-5


cutコマンドと sortコマンドを組み合わせると、
かなり自由度の高い文字列操作がコマンドからできますので、
ぜひいろいろ試してみてください。



■ UNIX のコマンド についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。