株式会社エスロジカル
株式会社エスロジカル
セキュリティ、Web開発、Unix開発、Go言語

■ UNIX のコマンド:writeコマンド

技術ドキュメント目次 -> UNIX のコマンド -> writeコマンド

本技術ドキュメントは、ここしばらくメンテナンスをしておりません。
内容が古くなっている可能性などございますこと、ご理解を頂けますようお願いいたします。


サイフにやさしいSSL証明書
【低価格SSL証明書】弊社運営の低価格SSL証明書販売サイト、翌月末払いなど請求書払いも可能。


◆ writeコマンド

あるunixマシンに、
ログインしている2人のユーザー(test01 と test02)がいるとします。
writeコマンドを使うことで、
test01 ユーザーが、test02ユーザーに、何かしらのメッセージを、
ほぼリアルタイムに届けることができます。

実行例
(メッセージを送る側のユーザーのコンソールで次のように入力すると、)
$ write test02
This is test message.
^C$

(メッセージを送る側のユーザーのコンソールには次のように表示されます)
$
Message from test01@some.host on ttyp2 at 23:49 ...
This is test message.
EOF


なお、
同じユーザー名で2セッション以上ログインしている場合には、
次のように ttyname を指定することで、
どちらのユーザーにメッセージを投げるか指定できます。

$ write test02 ttyp1


※writeコマンドは、
 一方的にメッセージを送信することのみ出来ますが、
 会話をすることのできる talk というコマンドもあります。
 使い方は簡単ですので、
 興味のある方は試してみてください。



■ UNIX のコマンド についての他のドキュメント


■ 他のグループのドキュメント

Apache  /  Linux  /  FreeBSD  /  OpenSSL  /  Perl  /  HTTPプロトコル  /  Jakarta Tomcat  /  Java  /  NetBSD  /  Oracle  /  PostgreSQL  /  UNIX の C言語  /  UNIX のコマンド  /  Windows  /  bind  /  システム運用TIPS

アンケートにご協力をお願いいたします。

1. このドキュメントへの評価をご選択ください。
         

2. ご感想をお書きください。