サイフにやさしいSSL証明書。ベリサイン(Verisign)、Geotrust、RapidSSLが低価格、最安。
メニューSSL証明書 - メニュー
ご相談はお気軽に 048-837-7778
※初回のご注文は、PCからのアクセスが便利です。マイページ登録後の更新注文は、スマホもおすすめです。
ご注文の流れ
1. SSL証明書選択 2. 情報入力 3. 確認画面 4. ご注文完了 5. 銀行振込orカード決済(後払いも可)

Thawte コードサイニング証明書 ご注文フォーム

入力方法などよく分からない場合は、お問い合わせフォームかお電話(048-837-7778、担当:関)でお気軽にお問い合わせください。
代理申請(制作・開発会社さまが顧客のSSL証明書を申請)の入力方法はこちらよりご確認ください

RapidSSL(ワイルドカード含む)、QuickSSL Premium、Thawte SSL123の代理申請
書類提出が不要なため、全入力欄を制作・開発会社さまの情報でご入力いただいて問題ございません。
ただし、認証局からの電話確認が必要となった場合など、運営者様情報をご確認いただくこともあります。

トゥルービジネスID(ワイルドカード含む)、シマンテック、スターフィールド(全商品)、サイバートラストの代理申請
サイト運営者さまの情報を「組織情報」欄に入力し、制作・開発会社さま情報を「お客様連絡先など」欄に入力します。
なお、サイト運営者さまに、弊社(エスロジカル)の存在や価格を見えにくくする必要がある場合は、「ssl@(証明書取得ドメイン) 」のようなメールアドレスを制作・開発会社さまへの転送専用で作成し、組織情報のメールアドレスにそのアドレスをご指定ください。

コードサイニング証明書の代理申請
運営者様の情報は、Invite URLから開発会社様にご入力いただきますので、本フォームにはご購入者(開発会社)様の情報のみご入力ください。


ご購入のコードサイニング証明書について

ご購入商品 Thawte コードサイニング証明書 1年 (30,000円)※税込み32,400円
Thawte コードサイニング証明書 2年 (54,000円)※税込み58,320円
Thawte コードサイニング証明書 3年 (78,000円)※税込み84,240円
数量

必要な Invite URL の数量をお選びください。


お客様連絡先など ※弊社(エスロジカル)からの連絡先など

会社・団体名 例:株式会社エスロジカル
ご担当者名 (姓) 例:
(名) 例:一真
請求メール送付先アドレス
(弊社からの連絡先アドレス)
例:ssl@slogical.co.jp (実際には@が半角)

ご注文完了後、この「請求メール送付先アドレス」宛に、請求額やお支払い方法等を記載したメールが自動送信されます。次年の更新通知でも利用されますので、できるだけ代表アドレスをご指定ください。

お支払い方法 前払い(銀行振込またはクレジットカード)
後払い(月末締め翌月末払いなど)
支払い済(支店サイト・オークションなどで支払い済)

後払い条件(翌月末払いなど)についてご確認済のお客様は「後払い」をお選びください。
新たに後払いでのお取引をご希望の方は、お問い合わせフォームかお電話(048-837-7778、担当:関)でご連絡ください。

その他ご連絡事項
特記事項があればご記入ください

代理申込の場合、制作・開発会社さま情報をできればお書きください。
後払いのお客様は、こちらに請求書の送付方法をご入力ください(ご入力がなければ前回と同様の請求書を送付いたします)。


必ずご確認ください

Thawte コードサイニング証明書は、弊社で販売の他SSL証明書とは異なり、オーダー詳細情報を弊社から認証局にお取次ぎいたしません。
Invite URL を提供いたしますので、以後のお手続きはお客様に行っていただきます。
また、認証(お電話確認を含む、証明書発行までの一連の審査)は日本語で完了いたしますが、技術サポートは弊社経由での英語問い合わせとなります(簡単な翻訳は弊社で致します)。
お使いの開発ツールでの署名方法をあらかじめご確認のうえ、お申込みをいただけますようお願い致します。

--- お電話番号の確認について ---
帝国データバンク・DUNS・iタウンページのいずれかに電話番号の登録が必要となります。これら全てにご登録がない場合は登録(データ反映まで1ヵ月弱が目安)していただくか、弁護士/公認会計士意見書(作成費用はお客様負担)の提出が必要となります。電話料金請求書による申請はできなくなりました。

--- 更新の場合のお申込みについて ---
更新は、既存証明書の期限が切れる90日前から可能です。コモンネーム(組織名)が変更となる場合には、更新ではなく新規(期限引き継ぎなし)の扱いとなりますため、Invite URL から前年と同じ組織名(ピリオドやスペースの有無などにご注意ください)でご申請ください。

--- Invite URL 画面サンプル ---
Thawte コードサイニング証明書のご購入後に、 弊社からお送りする Invite URL をクリックすると下記のような画面が表示されます。
この画面の流れにそって、お客様によるご入力をいただき、コードサイニング証明書を取得していただきます。
Thawte コードサイニング証明書 Invite URL 画面サンプル1(クリックで拡大) Thawte コードサイニング証明書 Invite URL 画面サンプル2(クリックで拡大)
※例えば「Microsoft® Authenticode® (Multi-Purpose)」でのご申請の場合、
Internet Explorer などのブラウザで「ローカルCSRジェネレーション」を有効にして申請すると、
鍵の作成~コードサイニング証明書のインポートまでがブラウザ内の作業で完結します。
コードサイニング証明書のインポート後、pfxファイルをエクスポートすることで、そのpfxファイルをSigntool(signtool.exe)から利用できます。

トップに戻る