サイフにやさしいSSL証明書。シマンテック(旧ベリサイン)、Geotrust、RapidSSLが低価格、最安。
メニューSSL証明書 - メニュー
ご相談はお気軽に 048-837-7778
資料/情報

 各SSLの階層構造について


各SSL証明書の階層構造は下記のようになっています。

RapidSSLの階層


 2017年11月28日以降

RapidSSL は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧GeoTrustルートからのクロスサインも行われる予定です。

SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
RapidSSL RSA CA 2018  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年11月28日以前

RapidSSL は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Equifax Secure Certificate Authority」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

SHA2

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
RapidSSL SHA256 CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA2(2016年2月29日までに発行されたもの)

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
RapidSSL SHA256 CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
RapidSSL CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。

QuickSSL Premiumの階層


 2017年11月28日以降

QuickSSL Premium は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧GeoTrustルートからのクロスサインも行われる予定です。

SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
GeoTrust RSA CA 2018  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年11月28日以前

QuickSSL Premium は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Equifax Secure Certificate Authority」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

SHA2

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
GeoTrust DV SSL CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA2(2016年2月29日までに発行されたもの)

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
GeoTrust DV SSL CA - G4  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
GeoTrust DV SSL CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。

トゥルービジネスIDの階層


 2017年11月28日以降

トゥルービジネスID は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧GeoTrustルートからのクロスサインも行われる予定です。

トゥルービジネスID / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
GeoTrust RSA CA 2018  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

トゥルービジネスID with EV / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert High Assurance EV Root CA  (ルート証明書)
GeoTrust EV RSA CA 2018  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年11月28日以前

トゥルービジネスID は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Equifax Secure Certificate Authority」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

トゥルービジネスID の階層


SHA2

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
GeoTrust SSL CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

GeoTrust Global CA  (ルート証明書)
GeoTrust SSL CA - G2  (中間証明書)※2013年12月07日以前に発行された場合は「GeoTrust SSL CA」
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

トゥルービジネスID with EV の階層


SHA2

GeoTrust Primary Certification Authority  (ルート証明書)
GeoTrust EV SSL CA - G4  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

GeoTrust Primary Certification Authority  (ルート証明書)
GeoTrust Extended Validation SSL CA - G2  ※2013年12月07日以前に発行された場合は「GeoTrust Extended Validation SSL CA」
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。

シマンテック Secure Siteの階層


 2017年12月01日以降

シマンテック(旧ベリサイン) Secure Site は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧Symantecルートからのクロスサインも行われる予定です。

Secure Site / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
DigiCert SHA2 Secure Server CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

Secure Site with EV / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert High Assurance EV Root CA  (ルート証明書)
DigiCert SHA2 Extended Validation Server CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年12月01日以前

シマンテック(旧ベリサイン) Secure Site は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Class 3 Public Primary Certification Authority」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

Secure Site の階層


SHA2

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 Secure Server CA - G4  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
VeriSign Class 3 Secure Server CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

Secure Site with EV の階層


SHA2

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 EV SSL CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 EV SSL CA - G2  (中間証明書)※2014年07月10日以前に発行された場合は「VeriSign Class 3 Extended Validation SSL CA」
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。

シマンテック Secure Site Proの階層


 2017年12月01日以降

シマンテック(旧ベリサイン) Secure Site Pro は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧Symantecルートからのクロスサインも行われる予定です。

Secure Site Pro / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
DigiCert SHA2 Secure Server CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

Secure Site Pro with EV / SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert High Assurance EV Root CA  (ルート証明書)
DigiCert SHA2 Extended Validation Server CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年12月01日以前

シマンテック(旧ベリサイン) Secure Site Pro は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Class 3 Public Primary Certification Authority」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

Secure Site Pro の階層


SHA2

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 Secure Server CA - G4  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
VeriSign Class 3 International Server CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

Secure Site Pro with EV の階層


SHA2

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 EV SSL CA - G3  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5  (ルート証明書)
Symantec Class 3 EV SSL SGC CA - G2  (中間証明書)※2014年07月10日以前に発行された場合は「VeriSign Class 3 Extended Validation SSL SGC CA」
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。

Thawte SSL123の階層


 2017年11月28日以降

Thawte SSL123 は下記のような3階層証明書となります。
DigiCertシステムから発行される新仕様となり、旧Thawteルートからのクロスサインも行われる予定です。

SHA-2 (under SHA-1 Root)

DigiCert Global Root CA  (ルート証明書)
Thawte RSA CA 2018  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

 2017年11月28日以前

Thawte SSL123 は下記のような3階層証明書となります。
ただし「Thawte Premium Server CA」から連鎖する4階層クロスルート設定をすることも可能です。

SHA2

Thawte Primary Root CA  (ルート証明書)
Thawte DV SSL CA - G2  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)

SHA1(新規発行終了)

Thawte Primary Root CA  (ルート証明書)
Thawte DV SSL CA  (中間証明書)
    ┗ お客様のコモンネーム  (サーバー証明書)


詳細を下記からご確認いただけます。


 他の「資料/情報」へ
 TOPへ(低価格SSL証明書の詳細)
トップに戻る