サイフにやさしいSSL証明書。シマンテック(旧ベリサイン)、Geotrust、RapidSSLが低価格、最安。
メニューSSL証明書 - メニュー
ご相談はお気軽に 048-837-7778
資料/情報

 2017年03月:RapidSSL、ジオトラスト、Thawte 「ファイル認証」の仕様変更について


本ドキュメントは、「お知らせ」に 2017年03月04日 公開した情報を、一部加筆したものとなります。

最終更新日:2019年02月05日

「ファイル認証」の仕様変更


RapidSSL(ワイルドカード含む)・QuickSSL Premium(ワイルドカード含む)・SSL123 のご注文時、
ドメイン認証方法として「ファイル認証」をお選びいただいた場合の仕様が、次のように変更となりました。

2017年3月以前

http://(コモンネーム)/(指定されたランダムなファイル名).htm か、
https://(コモンネーム)/(指定されたランダムなファイル名).htm に、「指定されたランダムな文字列」を公開。

現行仕様

http://(コモンネーム)/.well-known/pki-validation/fileauth.txt か、
https://(コモンネーム)/.well-known/pki-validation/fileauth.txt に、「指定されたランダムな文字列」を公開。

※コモンネームが「www.メインドメイン」の場合は、
http(s)://(メインドメイン)/.well-known/pki-validation/fileauth.txt にもファイルアップが必要です。

その他


Basic認証などのアクセス制限がされたWebサイトでは、それを一時的に解除してください。

http:// ではなく https:// でファイル認証を行う場合は、TLS1.1以上のプロトコルが必要です。

SSL証明書の再発行時にはメール認証が必要となります。


 資料/情報    FAQ
 TOP(低価格SSL証明書)
↑ 上へ 注文 検索